レーザー治療

  • HOME »
  • レーザー治療

kamoku1

LESAC(レザック)の特徴

レザックの炭酸ガスレーザーは、患部周辺の皮膚組織の炭化傷害や熱障害を軽減し、術中・術後の痛みを和らげることができます。

◆アレルギー性鼻炎

炭酸ガスレーザーは、鼻の粘膜を焼くことで鼻炎を止めることができます。


◆いびき
口蓋垂のまわりの余分な粘膜をレーザーで切除し、ふさがった気道を広げることにより、睡眠中に上気道の粘膜が震えるのを防ぎます。

lazer

鼻甲介への処置

患部を切除することにより、鼻腔の通気がよくなります。

コブレーターによる手術(日帰り)

●アレルギー性鼻炎

●下鼻甲介に対して

●いびきに対して

●扁桃切除

●アデノイド

●咽頭

cob03cob

コブレーション手術とは、呼吸を妨げる鼻・のどの腫れを高周波電流を使って凝固・縮小させる手術です。

従来の電気メスに比べより低温での切除が可能となり、周辺組織への熱損傷を抑えることができます。

cob02

ハナレーザー治療の流れ

●副鼻腔炎
●あまりにも鼻腔がせますぎる
●鼻出血がおきやすい

などがなければ、初診時にも可能かと思いますが、他院での処方で効果がなかった場合、当院処方を使っていただいて、効果を見てからレーザーを行うかを考えていただいたほうがよいと考えます。

PAGETOP