レーザー鼓膜切開(OtoLAM)

  • HOME »
  • レーザー鼓膜切開(OtoLAM)

kamoku1

ハンドピース8(OtoLAM)


小型ビデオカメラで鼓膜を見ながら切開したい位置にガイド光の照準を合わせ、炭酸ガスレーザービームを発射して鼓膜に思い通りの大きさの穴を一瞬で開けます。
otolam

施術例1


通常の鼓膜切開では、開けた穴は3~4日で自然に閉じます。中耳の膿などがなくならないうちに鼓膜の穴が閉じてしまうと、2回。3回と鼓膜切開が必要になることもあります。
otolam2

施術例2


鼓膜切開にレーザーを使うと、開けた穴は約17日で自然に閉じます。メスと比べて穴が長持ちするので、その間に中耳の膿などが排出されやすくなります。

また、わずか約0.1秒で穴を開けることができます。
otolam3
PAGETOP