突発性難聴

  • HOME »
  • 突発性難聴

kamoku1

突発性難聴とは

突発性難聴は突然生じる高度の感音難聴が主な症状で、その原因についてははっきりとしていません。
早期にステロイド投与が治療の基本です。
必要に応じてビタミン剤・血流改善剤・漢方薬酸素吸入・スーパーライザーによる星状神経節照射なども併せて行います。

スーパーライザーとは

superraiza3
スーパーライザーは、近赤外線が体の深いところまで届き、血の流れをよくします。
神経に直接作用して体の健康になろうとする力を助けてくれます。
光を当てるだけで心地よい温感があり、痛みを和らげ神経を平常な状態に戻します。

スーパーライザー 星状神経節近傍照射療法

ストレスなどで交換神経が血管を縮めると、血の流れが悪くなり様々な痛みや体の変調が出てきます。
このような症状を和らげる為、スーパーライザーを照射する治療があります。
この治療は痛みがなく、安全で副作用もありません。

デフィブラーゼ療法

difbura
ステロイドによる聴力回復が見られない場合の選択肢の一つとして、デフィブラーゼ療法があります。

デフィブラーゼという薬を点滴注射で打つことで、血液の止血・凝固に関わる血液成分フィブリノーゲンを減少させます。
血中のフィブリノーゲンが減少することで内耳の血流が改善され、難聴を回復させます。
この薬剤を連続使用すると、止血しにくくなりますが、難聴の回復に有効な治療薬剤です。

詳しくはお尋ね下さい。

PAGETOP