2017年は7月25日と8月6日に2回もあります。
せっかくだから、うなぎを食べようかな!なんて

ただ、うなぎには細かい骨がたくさん。
大きい骨は取り除いてあると思いますが、細かいものはそのままになっている事も多いですよね。

食べていると何か喉の奥に骨が刺さったような違和感が…なんてことがあるかもしれません。

以前、喉に違和感があり唾を飲み込むと痛みがあるということで、念のため内視鏡を使用して奥まで診ていくと、魚の骨があり摘出しました。
魚を食べた心当たりが無いのに…とおっしゃっていましたが、骨を摘出後には、数日前に食べた記憶が有るとのことでした。

何年か前には、魚の骨が刺さったとはおっしゃられなかった方で、扁桃に1㎜程の突出があり、念のため引き出してみると、なんと1.5㎝の骨が刺さっていたんです!!!!!

放っておくと、刺さった部分が炎症を起こしたり、それが奥に入り込んでしまうと取り除くのが困難で、食道を突き破ると頸部に炎症が出たり、胃を突き破ると腹膜炎を起こしてしまうこともあります。

骨が刺さった対処法で、つばを沢山飲み込んでみたり、うがいをしたり、ご飯粒を丸呑みしたり…いろんな方法が伝えられていますが、これは更に深く刺してしまう可能性も。

もし骨が刺さったと思ったら放置せず、すぐに受診してください!奥まで入り込んだら危険です!

うなぎを食べて暑い夏を乗り切ろう!!!と考えている方、くれぐれも骨にはお気を付けくださいね!!