その患者様は息苦しいとの症状で内科ではなく、耳鼻咽喉科の当クリニックにいらっしゃいました。
呼吸機能検査と胸部のレントゲンを実施しましたが、レントゲンに影が写っていたため、さらに詳しく診るためCTを撮ることになりました。
CTの結果、肺や内臓に疾患を疑う所見が…
患者様には専門の内科に受診するよう勧めました。

後日来院した際、お話を伺うと数ヵ所の内科に受診、検査を行い、今後は定期的に検査をすることになったそうです。

「ここに受診して良かった。命の恩人です!ありがとうございました。」
と言っていただきました。

当クリニックは耳鼻科ではありますが、息苦しいとの症状を訴える患者様もいるため呼吸機能検査や胸部のレントゲンも撮っています。
検査器機が少ない医療機関に慣れている方で、当クリニックに受診し細かく検査をすることを疑問に思う方がいらっしゃいますが、検査をしなければ分からないことや、検査をすることで分かることも多くあります。

東京都内には50年前の設備と変わらないクリニックや鼻のレントゲンすら撮れない耳鼻咽喉科が多くあるようです。
都心だからと高度な医療を受けられると思いがちですが、地方のクリニックの方が設備が整っている場合もあります。
耳鼻科開業時の施設基準が無いことも問題ですが…

検査をすることで今後出る可能性のある症状を先に見つけ対処することもできます。
数日違えば命を落とす可能性も…!!

患者様から感謝の言葉を頂けると詳細に検査を行なう当クリニック院長の信念に意義を感じますし、スタッフ一同嬉しい気持ちになりますね!!!