昨日「お子様が鼻にオモチャを入れてしまった!」と来院されたお子様がいました。
何が出てきたか…
小さなブロックでした。

特に小さなお子様は「何でも口に入れたがる」傾向がありますよね。
今回は鼻からでしたが、もし飲み込んでしまった物が気管・気管支に入ってしまったら命にかかわる場合があります。

また、今回は5㎜程度のブロックでしたが処置をする際に
お子様がパニックになり、動けば動くほど取りづらくなる状況でした。
動くと角度が変わってどんどん奥に入ってしまう危険もあります。
鼻の中でブロックが食い込み、また奥に入ってしまうと、それこそ気管に入ってしまう恐れがあるため
瞬間、瞬間の処置が緊張の連続でした。
本来ならば「全身麻酔」をしなければならないような大事です。
局所麻酔のスプレーのみ行ない、当院にある特殊な器具と院長のなせる技で除去することができました。

つい先日は「耳にBB弾を入れてしまった!」というお子様も来院されています。

大変だと思いますが、
普段お子様の遊んでいるオモチャ…
片付けの際には数まで確認し、どこかに入ってしまった…なんてことのないように注意してあげてください。
またお子様に鼻や口、耳の奥に異物が入ってしまったらどうなってしまうのか…なんてことも分かりやすくお話してみてあげるのもいいかもしれません。

万が一「○○に入ってしまった」となりましたら、
ご家庭で処理するのではなく、直ぐに病院での除去をお願いしてください。

子育て大変かと思いますが、可愛いお子様の為、是非よろしくお願いします。